概要
ソフト名 】  SongRelocateR
バージョン 】  Ver 1.6
最終更新日 】  2011/06/09
種別 】  フリーウェア
必要ランタイム 】  .NET Framework 2 以上
対応機種 】  Windows XP/Vista/7

SongRelocateRは音楽ファイルの整理整頓を地味に支援するソフトです。
音楽ファイルに埋め込まれたタグ情報に従って指定したフォルダに振り分けます。
またリネームも自由自在です。そういえば空フォルダが削除できます。ついでに常駐機能もなぜか付いてます。
振り分け規則やリネーム規則はある程度自由に設定することができます。
アーティストごとや、アルバムごとにフォルダ分けしたり、etcetc…
詳しくは付属のヘルプをみてくださいな。シンプルなソフトなので使えばわかると思います。

キャプチャ5

「窓の杜」にて紹介されました。(10/07/12)

晋遊舎「Windows100%」の9月号内で紹介、収録されました。(10/08/13)

 スクリーンショット
キャプチャ1   キャプチャ2   キャプチャ3   キャプチャ4  

 注意事項
このソフトはタグ情報を元にファイルの位置を変更します。必ず音楽ファイルにタグ情報を書き込んでからこのソフトを使用してください。
タグ情報は対象ファイルを右クリックしてからプロパティで確認できます。
間違ってタグ情報のないファイルを整理しようとすると大変なことになります。
「音楽フォルダ\不明なアーティスト\不明なアルバム\00 - 不明なタイトル.mp3」とかになりますよ。

また、ファイルの移動によってiTunesなどの一部ソフトではライブラリの整合性が保てなくなる場合があります。
その際には該当ソフトのライブラリを再構築してください。

 ダウンロード
Vectorよりダウンロード
※.NET Frameworkってなに…?という方はとりあえずインストーラ版を選択してください。
 画面の指示に従って行けば問題ないはずです。Vista以降ならそもそも標準で入ってます。

 補足事項
動作確認はWindows 7にて行っています。.NET Frameworkに対応しているWindowsならおそらく動きます。
インストーラ版では.NET Framework 2以上がパソコンにない場合、勝手に.NET FrameworkのWEBインストーラがしゃしゃりでてくるおせっかい機能付きです

バグ報告や感想、要望その他もろもろがありましたら当サイトのContactからお願いします。

 更新履歴
○Ver 1.6 (2011/06/09)
 ・更新チェック機能実装

○Ver 1.5 (2011/05/30)
 ・2重起動を禁止するよう変更
 ・ウィンドウの位置情報を保存するように変更
 ・処理中のファイル名を表記するように変更
 ・無駄なコードを撤廃し、処理を高速化
 ・「-M」のコマンドラインオプションを撤廃。システムで自動で判別するようになりました。
 ・細かい不具合修正

○Ver 1.4 (2010/10/08)
 ・.NET Frameworkの対応バージョンを2~4に拡大

○Ver 1.3.1 (2010/08/31)
 ・ヘルプ呼び出しの不具合修正
 ・その他細かい記述の修正

○Ver 1.3 (2010/07/15)
 ・Iconの差し替え
 ・背景の微調整
 ・タグがないときのマクロを「UnknownArtist」などから「不明なアーティスト」などに変更
 ・移動先に同一ファイル名のファイルがあるときは処理をスキップせずにファイル名末尾に「(2)」などとつけて再処理をするように変更

○Ver 1.2 (2010/06/17)
 ・プログレスバーの追加
 ・背景の追加

○Ver 1.1 (2010/06/12)
 ・「送る」に登録をオプションに追加
 ・全体のテーマを青を基調としたものに変更

○Ver 1.0 (2010/05/29)
 ・公開